×
トップ
  • 読込中...

あわづのお湯

  • あわづ温泉とは…

    「ナントりっぱな平城京」。そう、歴史で習った710年です。その奈良時代に粟津温泉は開湯しました。もうじき1300歳を数えます。決して歴史が深いからいいというつもりはありません。ただこれだけ長くつづくにはやはり理由があるのです。温泉の泉質は、純度100%の芒硝泉。霊峰白山に端を発する湯は効能にすぐれ、全国各地から湯治客が訪れています。温泉文化の奥深さも粟津のいいところです。宿のおもてなしは厚く、街の情緒は豊か。祭りも盛んです。今日では恋人の聖地という新しい呼び名も加わりました。確かにこの温泉には、1300年愛されつづけるわけがあるのです。

  • 万病息災、美容促進、
    粟津のお湯の秘密とは?

    奈良時代の高僧・泰澄大師によって導かれた粟津温泉。白山大権現の霊夢伝説が生まれたのも、粟津のお湯があたかも霊験あらたかな効能を呼ぶからでしょう。粟津温泉の泉質は、無色透明・純度100%の芒硝泉。口に含むとほのかな塩の香りと酸味を感じます。霊峰白山に端を発し、悠久のときを経て滔滔と湧出するお湯は、天然の有効成分をたっぷりと含みきめ細やかな肌ざわり。全身で湯のコクを味わえば、漂う湯の香は吸引作用によって体の内部から吸収されます。純度100%の新鮮なお湯ですから飲用にも最適です。

  • 粟津温泉のお宿は、
    全て自家堀り温泉です!

    芒硝泉は温泉の中でも血管拡張作用に優れ、穏やかに血行を促すため、血液循環が原因の慢性病である神経痛、高血圧症、動脈硬化症筋肉痛、痔疾などに効果を発揮します。また新陳代謝を促進し、全身の細胞を活性化してくれますので、肌を若返らせ、高い美容効果が期待できます。同じ芒硝泉でも特に粟津のお湯は泉質が濃く、古来、きりきずややけど、解毒作用に働く名湯として有名です。

  • 新鮮なお湯だからできること。

    温泉にも鮮度が大切です。湧きあがったお湯は新鮮なほど吸収作用も高く、全身への効果を発揮します。粟津温泉のお宿は、全てが自家掘りの源泉を持っています。お宿によって泉質と泉温が微妙に違うのも、純天然ならではのこと。お宿ごとのお湯くらべをお楽しみになるお客様もいらっしゃいます。こんこんと湧きいずるあたたかなお湯に身体を浸し、風流を愛でながら、落ち着いた湯浴みを心ゆくまでお楽しみいただく。それが粟津スタイルです。

あわづの歴史

  • 霊夢に描かれた
    北陸最古の温泉…

    粟津温泉は奈良時代が幕を開けて間もない養老2年(718年)、泰澄大師によって開湯されました。泰澄大師は文武天皇の勅使として鎮護国家の法師となった高僧。霊峰白山で修行を重ねるなか「粟津なる村に霊泉湧出す。汝、ここにゆきて之を掘り、末代衆生の病患を救うべし」という白山大権現の霊夢に逢い、お告げどおりに掘ったところ温泉が湧出しました。以来、千三百年、絶ゆることなく湧きつづける粟津のお湯。湯治宿が立ちならび、はるか昔の村人も武将も文人も、ここで日暮らしの垢を流し、体と心を癒してきました。 物語を見る

  • 人あつまり、
    温泉文化をはぐぐむ…

    粟津の湯をことのほか愛したのは加賀百万石の名君・前田利常公。古刹那谷寺へ参拝の折に植えたと伝えられる黄門杉は、いまなお粟津温泉のシンボルとして温泉街を見守っています。江戸時代には北前船による日本海交易が盛んになり、全国から湯治客が訪れるようになりました。近代に入って鉄道が始まると、粟津温泉へは『温泉軌道』が敷かれ、いっそう多くの人で賑い始めます。花鳥風月を愛で、お湯を慈しみ、食楽を堪能し、器の妙、おもてなしの情趣を味わう温泉文化が、湯人によってゆたかに育られていきました。 物語を見る

  • 変わりゆくもの、
    変わらざるもの…

    詩人的小説家として知られ、『田舎教師』などの名作を残した文豪・田山花袋は、全国の温泉を歩いた『温泉めぐり』のなかで『・・・粟津温泉は一番静かで居心地がよかった』と書いています。程よい華やかさと、円熟した落ち着きの両面を持つ粟津温泉は、暮らしにさりげなく上質を求める人々に愛され続けてきました。昭和から平成へ、ますます設備が充実し、温泉の楽しみも多様化してまいります。そしていつの時代にも共通するのは、心ゆくまでリラックスしていただける癒しの温泉であること。時が流れ人が変わろうとも、粟津の湯と温泉情緒はいつも滔滔とあふれ、絶えることを知りません。

  • 語り継がれる
    おっしょべ恋物語り…

    いまの女性より、むかしの女性のほうが恋に大胆だったのでしょうか。粟津温泉には400年も前から伝わる恋物語があります。物語の主役は当時宿屋に奉公していた下女のお末。「おっしょべ」は「お末」がなまったものです。お末はひそかに向かいの宿屋の下男・竹松に恋をしていました。ある夜、お末は恋心をおさえきれず、宿の松の木をよじ登って屋根づたいに竹松の部屋へ向かったのです。ところが途中で足をすべらせ軒下へ落ちて、宿屋は大騒ぎに。これがきっかけでお末の想いは竹松に伝わり、めでたくふたりは結ばれました。以後、何千組もの男女がこの温泉で恋を成就させてきたのです。 物語を見る

トップ
  • 読込中...

あわづのみどころ

  • 石川県内観どころマップ
  • 恋人の聖地散策マップ

石川県内観どころマップ 恋人の聖地散策マップ

お祭りカレンダー

1月

正月 元旦際

[ 金沢 ] 加賀とび出初式 1月9日 クリック

加賀とび出初式 1月9日

藩政期以来の伝統をほこる加賀とび。新年の出初式では、豪華なまといに ハシゴ登りの技が加賀の火消しの心意気を伝えています。

2月

小正月

旧正月

[ 金沢 ] フードピア金沢 2月 クリック

フードピア金沢 2月

冬の金沢の味覚と魅力が一杯のイベントが繰り広げられ、有名人をゲストに迎えた「食談」や兼六圓での「雪見宴会」など盛り沢山の催しがあります 。

3月

4月

5月

[ 寺井 ] 九谷茶碗まつり 5月上旬 クリック

九谷茶碗まつり 5月上旬

寺井周辺は九谷焼の一大産地。年に一度、各窯元が製品を持ちより破格の安値で投売り。産地直売の、さらに安値ですから掘出物を狙って県内外からの客で賑わいます。

[ 小松 ] お旅まつり 5月中旬 クリック

お旅まつり 5月中旬

340年余りの歴史があるお旅まつりの最大の見所は、豪華絢爛な曳山と可憐な子供歌舞伎。ライトアップされた豪家絢爛な曳山での可憐な子供歌舞伎の上演の他にも多彩なイベントがあります。

[ 美川 ] おかえりまつり 5月下旬 クリック

おかえりまつり 5月下旬

おかえり筋、藤塚神社 蒔絵・漆絵を描いた13台の台車を先頭に、鮮やかな金色の神輿がラッパ隊により先導される。

6月

[ 粟津 ] 菖蒲湯まつり 6月上旬 クリック

菖蒲湯まつり 6月上旬

野辺に咲く菖蒲の花が群れ咲く6月、この辺りでは菖蒲の束を入れた湯につかり、一年の健康を願う古くからの風習が行われ、湯の町粟津では、浴客の旅の安全と健康を願う祭りとなりました。町の若衆がかつぐしょうぶみこしが湯の町・粟津を練り歩き、総湯前広場では様々な催しが行われます。

[ 金沢 ] 百万石まつり 6月上旬 クリック

百万石まつり 6月上旬

藩祖前田利家公の金沢入府の日を中心に、市をあげて祭りイベントが催される。友禅灯籠流しや、芸妓連中の唄と踊り、兼六圓の野点の茶会、薪能、大通りを練り歩く大名行列や音楽パレードなどが人気を呼ぶ。

7月

夏休みファミリープラン

[ 小松 ] かぶとまつり 7月下旬 クリック

かぶとまつり 7月下旬

小松市の多太神社宝物館には斉藤実盛の兜が奉納されている。加賀篠原で一人で源氏軍を迎えた平家武将斉藤実盛であったが手塚太郎光盛に討ち取られる。源氏を率いた木曽義仲は、その武将を幼い頃自分の命を助けてくれた斉藤実盛だと知り、涙を流した。そして多太神社に願状を添えて実盛の兜、大袖、臑当など遺品を納め、供養して弔ったと言われている。 実盛の兜は国指定の重要文化財であり、高さは15.2cm、鉢回り71.2cm、総体回り139.4cm、重さ4.4kg。かなりの重量であるため、実戦用ではなく大将のしるしに陣屋に飾るもの(飾り兜)であったと思われる。後に松尾芭蕉は奥の細道で多太神社を訪れ、実盛の兜を見た。そして「むざんやな、甲の下の、きりぎりす」と詠んだのは有名なエピソードである。毎年7月の第4土曜日には斉藤実盛を偲ぶ、「かぶとまつり」が行われている。

[ 小松 ] 勧進帳まつり 7月下旬 クリック

勧進帳まつり 7月下旬

稲刈りも始まろうとする8月27日が祭り初日。青年たちは一週間ほど前から大きなグズの製作に取りかかる。グズというのは大きなドンコのことで、木の枠の上に竹や藁で、長さ7m~8mのグズに仕上げる。祭は白足袋姿の約50~60人の若衆や少年がグズをかつぎ、”ワッショイ”とかけ声をかけ、細長い宿場町をねり歩く。夕方近くになって、グズは振橋神社の境内にかえり、若者たちの手で焼き払われる。グズを焼いた炎の燃えさかる神社の境内で、夜を徹して踊りぬく。

8月

[ 粟津 ] おっしょべまつり 8月最終木・金・土曜日 クリック

おっしょべまつり 8月最終木・金・土曜日

毎年、夏も名残の8月最終週末の木・金・土曜日は、粟津温泉あげての「おっしょべ祭り」が開催されます。以前から「湯の祭り」「湯祭」と言われ大王寺の薬師如来を祀り、開湯を記念したお祭りで、毎年夏の終わりに盛大におこなわれます。おっしょべとは昔、宿に奉公していた下女「お末」の名前が訛ったものでそのお末の恋物語があわづ民謡「おっしょべ節」となりました。この祭りのために訪れた観光客や地元の踊り上手が揃いの浴衣で、おっしょべ節と太鼓の響きにのせて踊り興じる三日間。おっしょべ踊りの輪が華やかに広がります。期間中には「おっしょべ踊りコンテスト」も行われ、毎年全国からたくさんの団体が参加して、踊りを競い合います。優秀な踊りを踊った団体には賞品が送られます。

[ 加賀 ] ぐず焼きまつり 8月下旬 クリック

ぐず焼きまつり 8月下旬

稲刈りも始まろうとする8月27日が祭り初日。青年たちは一週間ほど前から大きなグズの製作に取りかかる。グズというのは大きなドンコのことで、木の枠の上に竹や藁で、長さ7m~8mのグズに仕上げる。祭は白足袋姿の約50~60人の若衆や少年がグズをかつぎ、”ワッショイ”とかけ声をかけ、細長い宿場町をねり歩く。夕方近くになって、グズは振橋神社の境内にかえり、若者たちの手で焼き払われる。グズを焼いた炎の燃えさかる神社の境内で、夜を徹して踊りぬく。

9月

[ 小松 ] 安宅まつり 9月上旬 クリック

安宅まつり 9月上旬

未婚女性が総出で赤一色の襦袢姿に日本髪で輪になって踊る。珍しい風俗が残る、港町の祭り。

10月

[ 鶴来 ] ほうらいまつり 10月上旬 クリック

ほうらいまつり 10月上旬

白山麓の入口・鶴来町の金剣宮の秋祭りは、名物の「つくりもん」が登場して人気を呼ぶ。つくりもんは身の丈およそ5メートル、重さ1トンの大人形で、「ヨーホーライ」 のかけ声で町を練り歩く。

[ 小松 ] どんどんまつり 10月中旬 クリック

どんどんまつり 10月中旬

小松周辺は昔から太鼓の盛んなところ。まつりを象徴する太鼓の響きにのせてどんどん集まろう、発展させようとの心意気を表した、市民による新しいまつりです。

11月

[ 粟津 ] 那谷寺もみじ狩り 11月上旬~下旬 クリック

那谷寺もみじ狩り 11月上旬~下旬

5万坪に及ぶ境内には杉の大木がうっそうと茂り、あたりの静けさが1300年の時の流れを感じさせる。四季の中でもとりわけ秋は満山燃えたつような紅葉が白い奇岩の岩肌に映えて見事な美しさです。

かに漁解禁

忘新年会特別プラン

12月

いい人と、いい時間を。Good Hours あわづ温泉

あわづのお湯
恋人の聖地とは?
  • 読込中...

あわづのお宿

読込中

トップ
  • 読込中...

恋人の聖地とは?

  • プロポーズを応援する
    「恋人の聖地プロジェクト」

    恋人へのプロポーズは一生に一度きりのもの。失敗はできません。ムードづくりや場所選びが大切です。あなたはどこで恋人にプロポーズしますか。あるいはプロポーズされたいですか。「恋人の聖地プロジェクト」はしあわせへの一歩を踏み出そうとするカップルを応援するために2006年に発足したプロジェクトです。各界の著名人や恋愛のカリスマたちが、日本津々浦々でプロポーズする場所にふさわしいスポットを選んでいます。その数、全国に約100カ所。そのひとつとして、粟津温泉が選ばれているのです。

  • 4世紀にわたって伝わる
    恋が生まれた地

    実は、粟津温泉は4世紀前から恋人の聖地だったといってもおかしくありません。この地には、江戸時代から人びとのあいだで伝わる「おっしょべ恋物語」があります。町の宿屋に奉公していた下女のお末と、竹松。その若いふたりが紆余曲折の末に大恋愛を成就させた場所がこの温泉です。街角にはふたりが逢引き(デート)の待ちあわせをしたと伝えられる「おっしょべ滝」や、ふたりが愛を誓った寺社が並んでいます。あなたならこの温泉地のどの場所で恋人にプロポーズするでしょうか。

各旅館で販売中の恋人の聖地プランをご紹介します。

辻のや花乃庄

かたやま緑華苑

法師

露天のゆ金閣

料亭懐石のとや

喜多八

トップ